病院経営に安心をもたらすファクタリング

subpage1

病院やクリニックなどの医療機関は、その大半が保健医療機関としての登録を行い、健康保険や国民健康保険などの保険診療を行っています。

この保険診療にかかる費用の支払いには、独特なルールがあります。
保険診療を行った場合、医療機関が受け取るべき報酬の一部(通常は3割)は患者がその都度支払いますが、残りは医療機関からの請求に基づいて保険者が支払います。

しかしその入金は、通常は2か月ないし3か月後です。

ファクタリングの情報探しはそれほど難しくありません。

そのため、保険診療にあってはサービスの提供と対価の受け取りの間には常にタイムラグが生じることとなります。

こうしたことから、医療機関はタイミング次第ではキャッシュフローが悪化し、資金繰りに困難が生じるリスクを常に抱えています。
そこで、このリスクをヘッジする手段を確保しておく必要があります。ファクタリングは、医療機関の抱えるこうしたリスクを軽減するのに役立つ金融サービスです。



利用すれば、保険診療の報酬を前倒しで受け取るのと同様の経済効果が得られます。

ファクタリングは企業や団体などが保有する売掛債権を第三者が買い取ってくれるサービスです。


売掛債権は商品やサービスなどを提供し、その対価を取引先が支払うまでの間に発生する債権のことをいいますが、医療機関が保険者から受け取る報酬はまさにこの売掛債権に該当します。


医療機関はこれをファクタリングによって売却することで、保険者からの入金期限が到来していなくても現金を手に入れることができます。



ファクタリングを詳しく知りたいなら

subpage2

ノンバンクと呼ぶ金融業者は、銀行と比較した際にどのような違いがあるのかご存知でしょうか。消費者金融もノンバンクに含まれる金融業者になるのですが、消費者金融はお金を貸すことができても、銀行のような貯金をすることはできません。...

next

ファクタリングの意外な真実

subpage3

ファクタリングには様々な種類があり、その種類によって手数料が異なるほか、現金化をすることができるタイミングも異なることに注意が必要です。そのため利用する際には、これらのポイントを十分に比較して自社にとって有利であるものを選ぶことが重要となります。...

next

ファクタリングのためになる情報

subpage4

ファクタリングは、売掛金を売買することによって企業等が資金を調達できる金融サービスです。取り扱っているのはファクタリング会社と呼ばれる専門事業者で、全国各地に事業所が存在します。...

next

ファクタリングを身に付けよう

subpage5

ファクタリングには大きく分けて、2者間取引と3者間取引があります。近年よく利用されているのは2者間取引ですが、それぞれに一長一短があるので、その違いをよく比較検討して自分に合っている方を利用する必要があります。...

next