2者間・3者間ファクタリングの比較

subpage01

ファクタリングには大きく分けて、2者間取引と3者間取引があります。近年よく利用されているのは2者間取引ですが、それぞれに一長一短があるので、その違いをよく比較検討して自分に合っている方を利用する必要があります。

2者間と3者間を比較した場合の一番大きな違いは、取引先への通知が必要かどうかということでしょう。

有望なファクタリングの比較に関する特集が満載です。

2者間の場合は通知は不要で、ファクタリング会社と自社の間だけで契約が成立します。
一方3者間の場合は、取引先の承諾を得た上で契約を締結しなければなりません。


取引先の承諾を得るというのは口で言うのは簡単ですが、実際にやるとなると抵抗があるのは会社経営者なら分かるはずです。



ファクタリングを利用している事は、資金繰りに困っているのではないかと見られてしまう可能性が高く、会社の信用が損なわれる危険があります。

ただ3者間だと、2者間と比較して利用コストがかなり低く抑えられるというメリットがあります。

ファクタリングを利用する際のコストは、2者間なら債権額の1〜3割程度、3者間なら高くても1割程度が相場とされており、けっこう大きな差があるといえるでしょう。

審査のスピードは、2者間の方が速くなります。3者間は取引先の承認を得なければいけない分少し遅くなるのは仕方ありません。
ですが承認を得る作業を代行してくれるなど、スピーディーに処理してくれるファクタリング会社もあり、即日現金化も不可能ではありません。



ちなみに、審査は3者間の方がやや緩いといわれています。