ファクタリングを効果的に利用する比較のポイント

subpage01

ファクタリングには様々な種類があり、その種類によって手数料が異なるほか、現金化をすることができるタイミングも異なることに注意が必要です。
そのため利用する際には、これらのポイントを十分に比較して自社にとって有利であるものを選ぶことが重要となります。

ファクタリングの比較はかなり有益な情報が揃っています。

一般的にファクタリングを利用するタイミングは、売掛債権の期日までに支払い等の事情により現金が必要であり、その現金が手元にないために早期に現金を準備する必要がある場合と考えることが少なくありません。

そのため、手数料が高くてもすぐに現金化することができる方法を選ぶことが最も良いと考えられがちですが、この場合には手数料が高額となることから後々にその会社のキャッシュフローに与える影響が非常に大きくなることを意識する必要があります。

キャッシュフローが悪化した場合にはこれを取り返すために営業利益を高めなければならず、様々な営業効率の向上を図る必要がある事は言うまでもありません。



しかしファクタリングを利用する必要があるほどキャッシュフローが悪化している場合には、簡単に営業利益を高める事は難しい状態であることが一般的です。



そのため、自社の現金が必要なタイミングを十分に見極め、効率よく行うことができる方法を比較して選ぶことが重要です。


ファクタリングを比較する場合には現金化の早さと手数料の大きさばかりに目を奪われがちですが、その他にも将来的にキャッシュフローに与える影響を十分に考慮しなければなりません。


これらの条件を全て比較した上で選ぶことが、ファクタリングの効果的な選び方となっています。