ファクタリングは売掛先の信頼性を重視

subpage01

ノンバンクと呼ぶ金融業者は、銀行と比較した際にどのような違いがあるのかご存知でしょうか。

消費者金融もノンバンクに含まれる金融業者になるのですが、消費者金融はお金を貸すことができても、銀行のような貯金をすることはできません。
信用供与を主な業務にしている金融会社全般がノンバンクであり、消費者金融以外にもリース会社や信販会社などがこれに該当します。

様々な分野のファクタリング情報を豊富に提供しています。

ちなみに、信用供与とは金融機関が顧客に対して信用して、自社が保有している資金や商品などを投資目的で貸与することを意味するもので、消費者金融などの場合は、顧客の返済能力があることを信じてお金を貸す、リース会社の場合は顧客に貸し出した商品を大切に使い続ける、そして毎月のリース料金を払うことを信用して契約を行うなどの特徴があります。



ノンバンクや銀行などは資金を充当したいときに役立つ存在になってくれるわけですが、もし売掛金がある場合はこれらの融資を使うよりもファクタリングを使った方が良いケースもあります。

ファクタリングにも審査はあるけれども、その審査の大半売掛先の信頼性であり自社への審査のウェイトは低めです。



売掛先の会社が安定した経営を行っているのであればファクタリングサービスでは即日入金も可能にするなど、ノンバンクや銀行よりも短期間で必要な資金を得られる可能性があるわけです。

売掛先の信頼性を重視する理由の中には、ファクタリングは売掛金の権利を購入しているからです。